お知らせ&活動記録
 
日本コーチ協会・埼玉チャプター
 

2016年10月定例セミナー

2016コーチングベーシック第一弾!

コーチングの「何?」が、あなたにとっての「何?」が分かる

運動会シーズン真っ只中の10月9日、2016年10月定例セミナーを開催しました。

photo-01今回は埼玉チャプター理事で国際コーチ連盟プロフェッショナルコーチでもある三好智玄コーチによるコーチングベーシック第1弾「コーチングの「何?」が、あなたにとっての「何?」が分かる」。

朝から雨の降る中、27名の皆さんがご参加されました。

講座は各自で考える個人ワークやグループで対話するグループワークを通して進行されました。

「自分にとってコーチングとは?」の問いを深めるコーチングマンダラからスタート。

photo-02個人ワークの後のグループワークでは、「コーチング」という一言にもそれぞれが色々な考えや思いを持っている、多様性について気づかされました。

自分を知り、相手を知りながら、お互いに学び合うプロセスはとても力強く、コミュニケーションの量が自然と多くなります。コミュニケーションの中で自分の感情が溢れたり、気づきがおきたり…。

智玄コーチがストップをかけても話やまない程です(笑)

photo-03後半は参加者から学びたいことを出し合い、各グループに分かれて行いました。

テーマは大きく4つ。

  • 質問、フィードバック
  • コーチングって? その効果やカウンセリングとの違いなど
  • 安心安全の場づくりとは? 習慣化するには?
  • 傾聴、真っ白で聴くには?

各グループでグループコーチングやペアワーク、先輩コーチからのレクチャー等を行いながらそれぞれのテーマについて深めました。

お互いがお互いから持っているものを引き出し、学び合う時間になりました。まさに講座全体が「コーチング」。講座の内容はもとより、智玄コーチの背中、プレゼンスから多くを学んだ1日になりました。

photo-04講座中、雨もやんで富士山がぽっかり頭をのぞかせていました。

 

現在コメントは受け付けていません。