お知らせ&活動記録
 
日本コーチ協会・埼玉チャプター
 

2016年9月定例セミナー

頭にも心にも効く断捨離®~あなた自身をごきげんにしよう!

photo-01さる2016年9月11日、さいたま市大宮区で2016年9月定例セミナーを開催しました。今回は、ほぼ満席の30名以上参加者のもと、(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチで、やましたひでこ公認断捨離®トレーナーである、ジョインスパイア・代表の今本待喜子氏を講師に迎え、自身を「ごきげん」にする整理術・断捨離®をテーマに進行しました。

今本氏によると、「断捨離®」という言葉はやましたひでこ氏考案の造語で、パテント登録しているため「断捨離®」と名のつくワークショップや研修等はやました氏と公認トレーナーしか開催することができないそうです。

冒頭、「断捨離必要度」のチェックリストに取り組み、大多数の参加者が15問中5~10か所にチェックが付くという、平均的な結果に。次に、自宅や実家にある、捨てられないものを思い出し、お互いでシェアをしつつ、なぜ捨てられないのか、どうすれば捨てられるのかをコーチングの手法を用いてディスカッションしました。

photo-02今本氏からは、「いきなり大きな課題に取り組むのではなく、たとえば冷蔵庫のフリーザーに溜まっている『保冷剤』を処分するなど、1日10分程度の取り組みで楽しくできるところから始めるのがコツ」とのアドバイス。また、豊富なエピソードを交えて、笑いの絶えない、楽しいセミナーとなりました。

photo-03不要なものを処分する、ムダな時間を割愛する、というのは、頭ではわかっていても実際には意外と手が付けられないもの。それはたとえば「もらい物はなかなか捨てられない」とか「相手に時間を合わせないといけない」など、自分の内面の割り切りができるかできにくいか、というところまで立ち入ることとなり、コーチングを学ぶ中での『パーソナル・ファウンデーション』に直結することに改めて気づいたセミナーでした。

 

現在コメントは受け付けていません。